熊本キワニスクラブKumamoto Kiwanis Club

副業でみんながつながる熊本産マスクプロジェクト
マスクプロジェクト実施主体・後援・協賛団体一覧
マスクプロジェクト受付終了日について
副業でみんながつながる熊本産マスクプロジェクト
マスクプロジェクト実施主体・後援・協賛団体一覧
マスクプロジェクト受付終了日について

ゲスト卓話で熊本市少年少女発明クラブ活動報告

2020.11.13例会

 熊本キワニスクラブは11月10日、熊本市中央区のANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイで11月上旬例会を開催。例会には笠原慶久会長(肥後銀行頭取)、片桐英夫・前会長(寺原自動車学校社長)、國武幸弘副会長(イズミ車体製作所社長)、ヨネザワの米澤房朝社長、崇城大学の中山峰男学長、増永組の鷹尾雄二社長、ハヤカワスポーツの早川典宏会長、岩田コーポレーションの岩田英志社長、熊本県信用組合の島田万里理事長、熊本中央リースの永島賢治会長ら会員48人が出席した。

 まず、笠原会長が点鐘、「新年度に入り、あっという間に2か月。こども食堂委員会もメンバーが揃い、活動をスタートした。ほかの委員会も順調に進んでいる」などと挨拶した。
 次いで、国際キワニスからの表彰状の伝達や新入会員の紹介などがあり、伊山俊太郎・総務副委員長(弁護士)、木村嘉宏事業委員長(木村副社長)、垂見和子メンバーシップ委員長(ネイチャー生活倶楽部理事長)、大森孝純社会公益副委員長(連空間デザイン研究所社長)、佐久間ゆうみキワニスドール副委員長(獣医師)、荒木浩史国際・交流委員長(九州電力副支店長)が委員会の活動状況を報告した。新設・岡山キワニスクラブ創設功労者の一人として米澤房朝前成長戦略委員長(ヨネザワ社長)に感謝状が届いていることも披露された。

このあと、熊本市少年少女発明クラブの冨永好三事務局長と森川治雄専任指導員から「熊本市少年少女発明クラブの活動」についての講演を聴いた。(以下写真は昨年4月同クラブ発足式の模様)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラブ年次総会を開催(10/6)

2020.10.07例会

熊本キワニスクラブは10月6日、熊本市中央区のANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイで令和2年度総会を開き、新年度の予算・事業計画等を決めると共に新会長に笠原慶久・肥後銀行頭取を再任した。
  ヨネザワの米澤房朝社長ら会員54人が出席。笠原会長の挨拶のあと、上野淳総務委員長(熊本放送社長)の司会で進行。令和元年度事業・決算報告と令和2年度事業計画・収支予算案を審議、満場一致で承認した。続いて、役員改選審議の結果、新会長に肥後銀行の笠原慶久頭取(会長)を再任した。
また、副会長に中尾ビルの中尾桂子社長、コスギ不動産の小杉康之会長、イズミ車体製作所の國武幸弘社長を再任、事務局長に環境技研の河上和正社長(再任)、会計監事に西日本シテイ銀行熊本営業部の伊藤大祐副営業部長を選任した。
会長に再任された笠原慶久頭取は「改めて会長に選んで頂き、有り難い。コロナのお陰です。もう一年、会長を務めさせて頂きます。今後もキワニスクラブの活動を活発化し、熊本クラブの発展に取り組みます。特に三つのことを心がけていきたい。一つはキワニスの理念、歴史を共有すること。二つ目はデジタル化の推進。三つ目は参加して楽しくなるクラブ運営に努めていきたい」と抱負を述べた。このあと、中尾桂子副会長、小杉康之副会長、國武幸弘副会長、河上和正事務局長、各委員会の委員長らが感想と抱負を述べた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

託麻台リハ・平田理事長が「新型コロナ感染症防止」卓話(9/23)

2020.09.25例会

 

 9月23日例会は笠原会長による開会点鐘の後、6つの委員会活動報告が行われた。その1つとして「副業マスク」の八代市社会福祉協議会への贈呈などが報告された。

ゲストで熊本託麻台リハビリテーション病院の平田好文病院長・理事長が参加し、「新型コロナウィルス感染症防止プロジェクト~新しい生活様式」と題した卓話を行った。感染者が出た際の対応の経験を細かに披露し、「感染者、患者、職員への風評対策と心のケアは苦労したが誰も悪くない」と話し「一番大事な濃厚接触者を出さないこと」と述べた。

 

その位置づけや対策を具体的に語ると参加会員は熱心に聞き入っていた。尚、託麻台リハビリテーション病院ではリモート参加で要予約・無料の「感染防止対策教室」を開催している。又、その啓蒙活動の為にクラウドファンディングも募っている。詳しくは同病院サイト参照。

 

コロナ禍を経て4カ月ぶり例会再開(6/23)

2020.07.08例会

熊本キワニスクラブは6月23日例会場のANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイで通常例会を開催、52人が出席して近況を語り合った。
2月18日に「平成音楽大学訪問例会」を実施して以来、笠原慶久会長が4カ月ぶりに開会の点鐘を行った。「再会出来て大変嬉しい。休会の間も公式サイトオープンや熊本キワニス活動を知るためのガイドブック作成が進んだ。特に事務局協力の‟熊本産マスクプロジェクト”では大変多くの方々が支えて下さり心から感謝申し上げます。あとは工夫しながら参加して楽しいキワニス例会を続けていきましょう」と挨拶を述べた。各委員長や会員が次々と公私の近況報告やコロナ禍自粛中のエピソードを語りあって、内容は盛りだくさんとなった。

平成音楽大学で訪問例会~キャンパス見学と演奏会等を楽しむ~

2020.02.18例会

熊本キワニスクラブ(笠原慶久会長、肥後銀行頭取)は2月18日、御船町滝川の平成音楽大学・ミュージックパーク(学生食堂)で訪問例会を開き、同大学生によるミニ演奏会などを楽しんだ。

訪問例会は会員企業・大学を訪問し、現地で例会を開いているもの。平成音大を訪問し例会を行ったのは12年ぶり2回目。この日は笠原会長、小杉康之副会長(コスギ不動産会長)、片桐英夫前会長(寺原自動車学校社長)、松岡義博副ガバナー(コッコフアーム会長)、真崎伸一熊本県信用保証協会会長、永島賢治熊本中央リース会長ら会員43人が出席した。笠原会長の点鍾・挨拶のあと、新道欣也事業副委員長(お風呂のシンドー社長)、佐久間ゆうみドール副委員長(城南さくま動物病院・獣医師)、荒木浩史国際・交流委員長(九州電力熊本支社副支社長)らが委員会の活動状況を報告。次いで、平成音大の出田敬三学長が歓迎の挨拶と同大学の新キャンパス等の概要を説明した。

このあと、同大学の学生たちによるミニ演奏会があった。学生たちは、こども学科4年の田中絹香さんの司会で、①カスタネット・パフォーマンス「アイアイ」をはじめ、②花は咲く(ボーカル&ピアノ)③キッチン・パフォーマンス(おもちゃの兵隊行進曲)④ファイナルフアンタジー・メドレー⑤ピアノ弾き語り(たしかなこと)などを演奏・披露した。

演奏会のあと、キワニス会員は3班に分かれて、新本館、図書館、研究室などの新しい施設を見学した。

ページトップ