熊本キワニスクラブKumamoto Kiwanis Club

副業でみんながつながる熊本産マスクプロジェクト
マスクプロジェクト実施主体・後援・協賛団体一覧
副業でみんながつながる熊本産マスクプロジェクト
マスクプロジェクト実施主体・後援・協賛団体一覧

佐敷・渡小に計300万円の備品支援報告

2021.07.20例会

 7月20日、第394回例会を開催した。例会には笠原慶久会長、小杉康之副会長(コスギ不動産会長)、國武幸弘副会長(イズミ車体製作所社長)、片桐英夫前会長(寺原自動車学校社長)、崇城大学の中山峰男学長、ビッグバイオの阪本恵子会長ら58人が出席、と4人がリモート参加した。

 

開会挨拶で笠原会長が点鐘し、「1年前の県南豪雨被災に対して全国クラブからKJF(キワニス日本財団)通じて義援金が寄せられた。担当の社会公益委員会が非常に頑張って頂いてニーズに合った支援品を用意し、私も芦北町佐敷小学校の贈呈式に赴いた。その内容の報告を皆さんと共有します。今日も楽しく有意義な例会となると思う」と挨拶した。

 

 今回は社会公益委員会の担当例会で杉山泰司副委員長(熊本シティエフエム取締役)が司会を行った。7つの委員会からの各報告後、松本浩委員長(西部ガス熊本総務部長)が中心に「令和2年豪雨災害義援金支援活動」をパワーポイント資料で詳しく説明した。当時KJFに全国クラブから約350万円が寄せられ被災地区へ分配。熊本へ81%の約288万円が託され、その後同委員会が芦北町佐敷小学校と球磨村渡小学校の2カ所へ交渉や備品調達を手掛けた。

 

小学校の仮校舎再開などに合わせて佐敷小は学校備品など117品目140万円、渡小へボルダリング壁を155万円納品したことを報告した。

 

ドール委員会企画で作成例会

2021.07.06例会

7月6日は第393回例会を開催。キワニスドール委員会(以下、ドール委員会)企画により例会場のANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイで参加者全員でキワニスドール作成を行った。会場に54人、リモートも5人参加した。

まず、笠原会長が「昨年7月豪雨災害からちょうど1年。静岡県の熱海でも大きな災害が出ている。注意するもなかなか難しいですがお互い気を付けなければならない。今日はドール委員会企画例会。中心はドール作成。みんなで汗をかいて楽しく過ごしたい」などと挨拶して開会点鐘した。

企画担当の犬童富士子ドール委員長が全体の進行を担当して委員長報告などを行い、上野淳総務委員長(熊本放送社長)、垂見和子メンバーシップ委員長(ネイチャー生活倶楽部理事長)、松本浩社会公益委員長(西部ガス熊本総務部長)、島田万里子ども食堂委員長(熊本県信用組合理事長)が最近の状況を報告した。

 

 

引き続き、犬童委員長の司会で出席者全員がキワニスドール(人形)の綿詰めに取り組んだ。一人当たり3体のノルマ。このため、サテライトレデイースクラブの早川和代会長と米澤静江事務局長が応援に駆け付け、製作・指導や糸閉じ作業に当たった。

 

多くの会員が上着を脱いで熱心に取り組み、リモート参加者にも予め2セットずつ届けており画面で途中経過を見せた。犬童委員長が作成中の模様をインタビューすると「初めてだが楽しい」「本当に汗をかいてます。見た目より難しい」「例会後も残業して帰ります」などコメントに時折笑いが出て和やかな作業例会だった。

 

 

 

メンバーシップ委員会企画○×クイズで理解度アップ

2021.06.22例会

6月22日は第392回例会を例会場のANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイで開催。

会場にはヨネザワの米澤房朝社長、熊本放送の上野淳社長、寺原自動車学校の片桐英夫社長、イズミ車体製作所の國武幸弘社長、熊本県信用組合の島田万里理事長、くまもとDMCの磯田淳社長、増永組の鷹尾雄二社長、熊本中央リースの永島賢治会長、ビッグバイオの阪本恵子社長、林田印刷の境正子社長ら60人(内、リモート参加6人)が出席した。

まず、笠原会長が点鐘し「キワニス鹿児島大会(9月)は、コロナの影響で中止となった。残念に思う。今日はメンバーシップ委員会企画の例会。趣向を凝らした例会ということで楽しみにしている」などと挨拶した。

 

今回はメンバーシップ委員の柏尾智之副委員長(こうし未来研究所取締役)が進行を担当し、上野淳総務委員長(熊本放送社長)、松本浩社会公益委員長(西部ガス熊本総務部長)らが最近の活動状況を報告した。このあとメンバーシップ委員会企画の「キワニス理解度アップ○×クイズ」を開始。垂見和子委員長(ネイチャー生活倶楽部理事長)が説明し、10問のクイズを各委員が出題してリモート参加者も含め参加会員は正解不正解に一喜一憂した。倉橋恭加副委員長(青柳女将)が会員の回答状況をリポートして盛り上げた。総合得点を尋ね、田尻泰廣キワニス事務局次長が1名だけ全問正解し、優勝。優秀者数名と下位だった会員がインタビューに答え、終始賑やかな例会となった。

 

 

 

 

6/1 第391回オールリモート会員例会

2021.06.01例会

6月1日(火) 第391回例会はオールリモート開催(熊本会員限定)でした。

約50名参加でそれぞれの場所からZoomにより定例活動報告やトピック、会員情報交換を行いました。総務・上野淳委員長からは本日のリモート対応状況、メンバーシップ・垂見和子委員長からは6月誕生者で本日参加3名について紹介とご本人のショートスピーチを、国際交流・荒木浩史委員長からはASPACe大会視聴会の報告等がありました。数名の会員が現在の仕事やプライベートの状況を語り、興味深い内容もあり聞き入りました。

又、笠原慶久会長にミニ卓話を担当してもらいました。演題「パラダイムシフト」として時代に合わせた新たな事業方針や生活転換へのヒント、県のSDGs促進取組み等も紹介。更に最後に県保証協会・村田信一会長に最近の企業支援動向の印象も語ってもらい、閉会としました

つきまして卓話資料添付中です。[こちらに添付が見えない場合はカテゴリーの例会か、最近の投稿「6/1実施」をクリックして下さい。] P  資料をダウンロード等又は表示してご覧下さい。(事務局より)

第388例回、多種多様な会員情報交換

2021.04.06例会

4月6日、4月の第一例会を例会場ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイで開催。笠原慶久会長(肥後銀行頭取)、中尾桂子副会長(中尾ビル社長)、國武幸弘副会長(イズミ車体製作所社長)、崇城大学の中山峰男学長、くまもとDMCの磯田淳社長、増永組の鷹尾雄二社長、熊本中央リースの永島賢治会長、ハヤカワスポーツの早川典宏会長、ビッグバイオの阪本恵子会長、ホテルサン人吉の村田優子社長ら47人が出席した。

まず笠原会長が点鐘し「ついに4月、新年度がスタートした。今回もリアルとズームのハイブリッド例会。⓵デジタル⓶キワニス理念⓷楽しい例会ーのモットーで有意義な時間に」と挨拶した。

次いで上野淳総務委員長(熊本放送社長)、垂見和子メンバーシップ委員長(ネイチャー生活倶楽部理事長)、犬童富士子キワニスドール委員長(犬童内科胃腸科事務長)、島田万里こども食堂委員長(熊本県信用組合理事長)らが委員会の活動状況を報告した。

このあと、ハヤカワスポーツの早川典宏会長、崇城大学の中山峰男学長、羅生門の松山勝幸社長らが自身の公私・近況を語り、たくさんの情報行き交う1時間となった。

ページトップ