熊本キワニスクラブKumamoto Kiwanis Club

副業でみんながつながる熊本産マスクプロジェクト
マスクプロジェクト実施主体・後援・協賛団体一覧
マスクプロジェクト受付終了日について
副業でみんながつながる熊本産マスクプロジェクト
マスクプロジェクト実施主体・後援・協賛団体一覧
マスクプロジェクト受付終了日について

「副業・手作りマスク」幼稚園や自治体で贈呈式

2020.07.31その他

熊本キワニスクラブが協力したコロナ禍収入減支援活動「副業でみんながつながる熊本産マスクプロジェクト」の買取マスク配布先委託分から自治体や幼稚園へ無料贈呈を行っている。

 

7月31日は熊本市の幼稚園グループあてに1300枚を持参し贈呈式を行った。年長園児(105人)から代表園児と園長が笠原会長からマスクを受け取った。園児は声をそろえて「ありがとうございました」と言ってお辞儀をし、手にしたマスクを掲げていた。

7月14日にキワニスサテライト宇城クラブ(上門一夫会長、宇城新聞社長)推薦配布先である宇土市と宇城市へ各3000枚、美里町に1200枚を贈呈。

7月27日はキワニスサテライト菊池クラブ(松野康会長、菊池グランドホテル取締役)の推薦により菊池市へ子供サイズ2000枚、7月28日にキワニスサテライト阿蘇クラブ(山部謙一郎会長、サンクラウン大阿蘇社長)推薦の配布先として阿蘇市に2100枚、高森町社会福祉協議会に1200枚を贈呈した。

 

熊本産マスクプロジェクトに協力

2020.05.31その他

   クラブでは4月30日に発表された「副業でみんながつながる熊本産マスクプロジェクト」の協力団体となり、事業事務局として活動している(期間限定)。
これは「熊本地域金融・経済懇話会」(趣旨に賛同する金融機関及び経済団による非公式の協力組織)が主体となり、コロナ禍による収入減等の影響を受けている熊本県内在住の18歳以上個人を対象に手作りしたマスクを書い取るプロジェクト。

5月8日から同10日にマスク郵送を受け付けた。事務局の場所は「ヨネザワサロン」(熊本市中央区水前寺・ヨネザワ本店2階)。普段はキワニスレディーズクラブ例会場やおしゃれ講座教室等に活用されている。受付初日だけで約5万枚、期間中トータルで約48万枚の手作りマスクが届いた。

事務局の主な担当はマスク検品や無料配布用個包装作業。同プロジェクト用パート作業者に交じり、多数のクラブ会員も連日ボランティアで作業を行っている。

予想をはるかに上回る約7,500人の応募に対して資金枠確保のために、急きょ実施主体以外の企業・団体・個人へも買取り協賛協力を拡大している。現在、買取金支払いも開始され、無料配布への準備を行っている。

ページトップ