熊本キワニスクラブKumamoto Kiwanis Club

副業でみんながつながる熊本産マスクプロジェクト
マスクプロジェクト実施主体・後援・協賛団体一覧
副業でみんながつながる熊本産マスクプロジェクト
マスクプロジェクト実施主体・後援・協賛団体一覧

第417回例会 設立20周年記念特別例会

2022.08.24例会

熊本キワニスクラブは8月23日、例会場のANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイで20周年記念の夜間例会を開催した。当初予定より縮小し、式典・講演会は中止し、全国会員への案内を断念。熊本会員と九州地区内のキワニアンを対象に約80人が参加した。

開会あいさつは小杉会長が「多くの方とイベントもしたかったが20年の記念として特別例会として開催した。身近なメンバーで節目の会を過ごしましょう」と語りかけた。

 

続いて、日本地区の林隆秀ガバナー(鹿児島)、キワニス日本財団の村井正隆理事長(福岡)が祝辞を述べ、数年ぶりに来熊した清重尚弘初代熊本クラブ会長(九州ルーテル学院大学元学長)が挨拶をした。ユーモアを交えて創設時の思い出を語り「アメリカに居た若い頃にキワニスは知っていた。その後、熊本設立に関わることになり、騙されて⁈ガバナーも務めさせて頂き縁を感じます。独特の歴史と伝統を築いて20周年となった。世界のこどもたちのため、さらに有益な活動を続けていきたい」と語った。笠原慶久前会長(肥後銀行頭取)が乾杯の発声をして開宴。事務局で準備した「熊本クラブ20年の歩み」収録の写真を大型画面(2面)で紹介した。食事をとりながら「熊本キワニス歴代会長思い出や秘話」について、16代会長の松岡泰輔(くまもと経済会長)と第2代会長の米澤房朝ヨネザワ社長がスピーチ。

福岡・清水信彦会長(左上)、大分・古庄寿美会長(左下)、鹿児島・松山真輔会長(右上)、沖縄・添石幸伸会長(右下)の各会長も登壇してクラブの様子や祝辞を述べた。最後に、熊本のソウルソングとなっている「おもいで宝箱」を出田敬三・平成音楽大学学長の指揮のもと、全員で歌った。

 

ページトップ