熊本キワニスクラブKumamoto Kiwanis Club

副業でみんながつながる熊本産マスクプロジェクト
マスクプロジェクト実施主体・後援・協賛団体一覧
マスクプロジェクト受付終了日について
副業でみんながつながる熊本産マスクプロジェクト
マスクプロジェクト実施主体・後援・協賛団体一覧
マスクプロジェクト受付終了日について

平成音楽大学で訪問例会~キャンパス見学と演奏会等を楽しむ~

2020.02.18例会

熊本キワニスクラブ(笠原慶久会長、肥後銀行頭取)は2月18日、御船町滝川の平成音楽大学・ミュージックパーク(学生食堂)で訪問例会を開き、同大学生によるミニ演奏会などを楽しんだ。

訪問例会は会員企業・大学を訪問し、現地で例会を開いているもの。平成音大を訪問し例会を行ったのは12年ぶり2回目。この日は笠原会長、小杉康之副会長(コスギ不動産会長)、片桐英夫前会長(寺原自動車学校社長)、松岡義博副ガバナー(コッコフアーム会長)、真崎伸一熊本県信用保証協会会長、永島賢治熊本中央リース会長ら会員43人が出席した。笠原会長の点鍾・挨拶のあと、新道欣也事業副委員長(お風呂のシンドー社長)、佐久間ゆうみドール副委員長(城南さくま動物病院・獣医師)、荒木浩史国際・交流委員長(九州電力熊本支社副支社長)らが委員会の活動状況を報告。次いで、平成音大の出田敬三学長が歓迎の挨拶と同大学の新キャンパス等の概要を説明した。

このあと、同大学の学生たちによるミニ演奏会があった。学生たちは、こども学科4年の田中絹香さんの司会で、①カスタネット・パフォーマンス「アイアイ」をはじめ、②花は咲く(ボーカル&ピアノ)③キッチン・パフォーマンス(おもちゃの兵隊行進曲)④ファイナルフアンタジー・メドレー⑤ピアノ弾き語り(たしかなこと)などを演奏・披露した。

演奏会のあと、キワニス会員は3班に分かれて、新本館、図書館、研究室などの新しい施設を見学した。

サテライト宇城クラブ新年例会

2020.01.19サテライト

熊本キワニスサテライト宇城クラブ(上門一夫会長、宇城新聞代表)は2020年1月19日、宇城市松橋町の料亭さかもと屋で新年例会を開催した。

事務局長の甲斐正信税理士が進行役をし、上門会長の挨拶で開会した。「早いもので創設から10周年を迎える。記念として、地域支援となるよう表彰事業を行おうと考えている」と語った。続けてゲストの冨永章子宇城地区振興局長が人口減少の現状や宇城地区が努力している点と魅力を紹介した。乾杯の音頭は阿曽田清前宇城市長が行い、懇親会を開始した。参加者は歓談とカラオケ大会、プレゼント交換で新年交流を楽しんだ。

 

子ども奉仕のワンデー「音大で遊ぼう」

2019.10.27定例活動

熊本キワニスクラブ(笠原慶久会長、肥後銀行頭取)は10月27日、上益城郡御船町の平成音楽大学学園祭・平成祭に幼稚園児ら家族を招待し「音大で遊ぼう」と題したキワニス・ワンデーを実施した。

これは初めての企画で、同大学が熊本地震後初のニューキャンパスで学祭を行うにあたり賑わいの応援と子ども達に音楽を楽しんでもらうのが狙い。熊本市北区の城北幼稚園から募集し園児20人と兄弟の小学生13人、保護者29人と保育士3人、キワニアン18人が参加した。同学内の「子どもミュージックハウス」に午前11時に集合し、同クラブ代表で荒木浩史国際・交流委員長(九州電力熊本副支社長)が挨拶をした。続いてこども学科生で構成する「サークルK平成音楽大学」メンバーが今日の「おやくそく」などを園児に説明し、歓迎の音楽を披露してスタートした。昼食は学食「ミュージックパーク」で園児にはお子様ランチを用意。午後からはきらきらメダル作りやリズムダンスで遊び、学生の生演奏で歌をうたうなど楽しんだ。その後は家族で学内スランプラリー、こども学科生のステージ公演を見たりしてキャンパスで過ごした。

キワニス・ワンデーとは毎年10月第四週に全世界のキワニスクラブ及び関係団体が各クラブで企画した何らかの奉仕活動をする日。サークルKは大学生のキワニアンで熊本クラブには平成音楽大学と熊本学園大学の2グループがある。

園児に歌を教えるサークルK平成音大のメンバー

子ども学科生の教室で園児と保護者も楽しんだ

ステージを見ながら人気曲「パプリカ」を一緒に踊る歌う園児

ガーデンステージでの学祭オープニング式典

子どもハウスに集まったキワニス会員

ページトップ